附中日記 

先月の文化祭で、2年B組が取り組んだ「模擬店」の様子が、広報いいたて平成30年12月号に取り上げられました。
「広報いいたて」は、飯舘村のホームページからご覧いただくことができます。ぜひ、飯舘村のホームページをご訪問いただき、「飯舘村の今」を知っていただくとともに、2年B組の子どもたちの熱い思いを感じてください。ちなみに、2年B組の記事は、「広報いいたて」の最終ページに掲載されています。
さて、12月に入り、国語の授業で書き初めの練習に取り組んでいます。
心を整え、文字と自分に向き合う姿はとても美しく、教室は心地よい緊張感で包まれています。

先日、保護者の方から、「附中日記、楽しみにしています」と、声をかけていただきました。見ていただけているということ、そして、わざわざ声をかけていただけたことは、大きな励みになりました。ありがとうございます。
これからも、徒然なるままに、子どもたちの日常をお伝えしていきます。よろしくお願いします。
さて、12月3日、卒業アルバムの撮影がすべて完了しました。
3年生の附中生活も残り3か月足らず。一日一日が大切な大切な毎日です。
アルバムの写真よりも大切な「永遠の一瞬」を刻んでいってほしいと思っています。

昨日から、個別懇談会を行っています。子どもたちの成長を共有できる時間となるよう、よろしくお願いします。
さて、昨日の午後、親の座談会を開催しました。スクールカウンセラーさんとアイリスパートナーさんを講師に、エゴグラムの体験、そして、交流分析について理解を深めました。
その後、グループに分かれて座談会。子育ての悩みや喜びを共有することができました。
【スクールカウンセラーさんの言葉】
たくさん話をしてスッキリして帰っていただけたら嬉しいです。一年に一回、この時期に実施していますので、ぜひ、ご参加ください。
【アイリスパートナーさんの言葉】
〇保護者の方のお子さんへの思いをたくさん伺うことができてとても勉強になりました。私たちは毎週火曜日に来校するので、ぜひ活用していただければと思います。
〇同世代の子どもをもつお母さん方が、お子さんの学年に関係なく困りごとを共有しながらお話しする機会に携わらせていただき、私自身、大変勉強になりました。
【参加された保護者の声】
〇参加したお母さんたちも自分と同じような悩みを抱えていることがわかり、少し安心しました。エゴグラムから自分の特徴もわかり、子どもとかかわるときの参考にしたいです。
〇エゴグラムから自分の特徴を知ることで対人関係に生かせると思いました。他学年のお母さんと話しをすることができ、子どもとの向き合い方を考える機会になりました。


2年生保健体育科「がんの学びが生活を変える、未来が変わる」で、がんについて学びました。
最近よく、「2人に1人ががんになる」と、がん保険のCMや新聞記事で見聞きします。
がんという病気が身近になっている今だからこそ、子どもたちには、がんについて正しい知識を得て、自分や周りの人の健康や命の大切さ、自分にできる規則正しい生活について考えてもらいたいと願って、授業に取り組みました。
一人一人がこれからどうしていくのか、子どもたちが自分事として考えている姿を頼もしく思います。(担当:養護教諭 城所)
【子どもたちの学び】
○がんでも、どんな病気でも、適度な運動や食生活を心がけることで健康を保てることがわかりました。知っているようで知らない自分のことをよく理解し、自分にあった生活をしていこうと思いました。
○1人の祖父はがんで他界しましたが、もう1人の祖父はいるので、同じことが起きないように、がんを予防する対策を教えてあげようと思いました。
○予防は難しいと思っていたけど、がんと日常生活のつながりをデータで見て、特に食生活を見直すことで予防できることがわかりました。今回決めたMylifeplanを自分のリズムで達成し、がんを予防していきたいです。
○今回の追究で、自分はがんについて意外と知らないと思いました。でも、原因や予防を知って、これからどうしていくか考えることができました。心の持ち方で生活習慣を改善することもできるし、仮に患ってしまっても、治すことができることがわかりました。

今、スリKL校のみなさんが附中に到着しました。
懐かしい再会に、笑顔の花が咲いています。
今日が初対面の子どもたちも、笑顔で語り合っています。
日本で、附中で、すてきな時間を過ごしてほしいなと思います。



2学期の期末テストが終わりました。
部活動が再開され、子どもたちに日常が戻ってきました。
授業中、真剣に学習に向かう姿から、子どもたちの確かな日常が伝わってきます。


今日、授業の様子を見て回っていると、担任が生徒一人一人と面談をしている場面に出くわしました。2年生です。
将来の夢を語りながら、そのために「今」をどう過ごすべきか。
真摯に語り合う姿に、子どもたちの明るい未来が重なりました。

昨日までとはうって変わって、今朝は、いつもより暖かな始まりでした。
期末テスト2日目。おだやかな中で、子どもたちが力を発揮できるよう願っています。
さて、私たちの目を楽しませてくれた、赤や黄色の葉っぱも落ち始め、冬の足音が聞こえてきます。
時の過ぎるはやさを改めて感じる時季です。一日一日を大切に過ごしたいなと思います。

今日から、2学期期末テストが始まりました。
参考書を手に登校する子どもたち。
今朝は、その背中に、もてる力を出しきることができよう声援を送りながら、子どもたちの登校を見守りました。