附中日記 

校内を歩いていると、あちこちで、秋の深まりを感じます。
子どもたちは、どんな秋を見つけたかな?


本日午後、後期生徒会役員選挙立会演説会を開催します。
24名の立候補者が、それぞれの思いを熱く語ることでしょう。
附中の未来を創る仲間として、その声に真摯に耳を傾け、大切な一票を誠実に投じてほしいなと思います。
附中の未来を創るのは、附中生一人一人なのです。

早いもので、教育実習も最終週を迎えました。
今週末には、それぞれ研究授業を計画しています。
実習生は、生徒とのかかわりのなかで、授業することのおもしろさとともに、その難しさを実感しています。
生徒も、実習生も、本気で学んでいる証です。

先週の10日水曜日、3年生と保護者の皆様を対象に、進学説明会を行いました。
各学校の魅力や特色を聞く中で、子どもたちにやる気の灯がともったようです。
○今日はいろいろな高校の説明を聞きました。それぞれの学校で力を入れているところが違っていて、おもしろいと思いました。
○どの学校の説明も熱心で、気迫を感じました。
○私立高校の説明については、「公立に行くつもりだし必要ない」と思っていました。しかし、私立高校にはいろいろ特徴があって、説明を聞くと私立もいいなと思ってきました。
○説明を聞いているうちに、受検が目の前に迫ってきているのだと感じました。高校の先生方がどれだけ私たちを必要としているのかという熱意を感じました。期待に応えられるような成績を残したいと思いました。

食欲の秋、運動の秋、芸術の秋……。秋にはたくさんの楽しみがあります。
空を見上げると、秋らしい雲に出会うことができます。
耳を澄ますと、あちらこちらから、さわやかな歌声が聞こえてきます。
附中生にとっては、「合唱の秋」でもあります。

先週、10月5日金曜日、図書室に約170冊の本が入荷。
ありがたいことに大変にぎわい、図書室は一時満員状態に。
来室者は100名を超え、結果、わずか15分間で、90冊ほどの本が借りられました。
いろいろなジャンルの本が入っています。
読書の秋です。ぜひ、たくさんの本を手にとってほしいと思います。
そして、借りた本は早く返してくださいね。 byモリモリ書店店長

教育実習も今日で前半終了。授業観察から授業実習へと実習内容も変わってきました。
今日は、全実習生が道徳の研究授業を行いました。
3人の授業者で行う道徳の授業は、多くの実習生が学ぶ附属中学校ならではの光景です。


雨天のため順延されていた岡崎市中学校新人総合体育大会ソフトテニス女子の部が、先週の6日土曜日に開催されました。
9月以降、週末ごとに雨がやってきている気がします。そして、この日もやはり雨模様。
それでも選手は力を出し尽くし、応援は傘の花を咲かせながら精いっぱい頑張りました。

10月1日から後期の教育実習が始まりました。
今回は37名の大学生が教育実習を行っています。
子どもたちの姿から、教職員の姿から、たくさん学んでいかれることを期待しています。




10月2日に開催した生活教育研究協議会では、県内外から500名の方にご参加いただき、本校の取り組みについて、たくさんのご意見をいただきました。
この日の私たちの学びは、今後の子どもたちの教育にいかしていきます。
ご来校ありがとうございました。