附中の生活 

開催日:平成30年11月2日(金)、3日(土)

〈1日目〉

午前は各学級が追究活動をとおして学んだことを伝える学習発表が行われました。1年数学科の追究では、クフ王のピラミッドが何個の石からできているのかを公式を用いて導き出しました。そして、ミニチュアのピラミッドをつくる計画を立て、給食の牛乳パックを1万個以上集めて作成した作品を披露しました。2年理科の追究では、決められた材料で速い車を作る方法を考えました。ここで学んだモーターの回転や整流子の役割を映像と劇で紹介しました。

  

午後はLifework交流と夏休みに行われた国際交流の報告会が行われました。Lifework交流では、発表者が自分の追究してきたことをパワーポイントなどにまとめて発表しました。発表者と参観者との間で質問や討論が行われ、お互いに考えを深める機会となりました。国際交流報告会では、訪問先のマレーシアの学校の様子や日本との食べ物の違いなどが映像や実物を使って紹介されました。

  

〈2日目〉

午前はコ―ラスフェスティバルが行われました。PTAによるコーラス発表や各学年のコーラスコンクールに加え、今年度は新たに全校合唱を行いました。全校で心を一つにして歌った「ふるさと」は会場全体を温かい雰囲気に包みこみました。

  

午後には、自分の特技を披露する18番コンサートが行われました。バンドやサイリウムパフォーマンス、ダンス、琴の演奏など、出演者は自分の特技を生かして、会場全体を大いに盛り上げました。

  

学習発表やコーラスコンクールに向けてクラスが一丸となったことや、Lifework交流で仲間の追究にふれたことなど、たくさんの経験ができたと思います。この経験を今後の学校生活につなげてほしいと思います。

開催日:平成30年9月9日(日)

夏休みから、競技や応援の練習、はりぼてや櫓などの製作に協力して取り組んできました。体育大会当日は、前日までの雨天とは一変し、青空の下、堂々とした行進で幕が開けました。

 

すべての競技や応援において、自分のため、そしてグループの仲間のために力いっぱい取り組みました。

 

3年生を中心にグループの仲間と団結し、自分たちの力で体育大会をつくりあげることができました。

 

 

閉会式では生徒会役員から、「体育大会に費やした熱量を日常生活のどこに回すべきか、自ら考えて行動していこう」という力強い言葉がけがありました。附中生のこれからの活躍が楽しみです。

期 日  : 平成30年5月21日(月)~23日(水)

「本当の協力の意味を知り、全員が限界を目ざす」をテーマとして、子どもが主体となって決めたさまざまなプログラムに取り組んだ3日間でした。

1日目は「冒険いかだ体験」を行いました。クラス全員が一丸となって声をかけ合い、クラスのいかだを作りました。完成したいかだに乗って琵琶湖へ出たときの子どもの表情は、達成感に満ち溢れていました。

    

2日目は伊吹山登山を行いました。はじめは何とかなると思っていた子どもも、山の高さに圧倒されたようで、「無理かもしれない」という声が聞こえてきました。しかし、班の仲間と励まし合い、なかには同じ班の仲間の荷物をもつなど、助け合って登頂することができました。

   

3日目は学年で語る会を行いました。これから目ざすべき姿について、みんなで本音を語り合いました。この3日間をとおして得た学びを今後の学校生活につなげて、さらに協力できる集団を目ざしていきます。

期日 : 平成30年4月24日(火)~27日(金)

場所 : 東京都とその周辺

 

「進(すすむ)~未来のリーダーとしての一歩~」をスローガンとして、Lifeworkの集大成である班別追究活動を中心に様々な活動に取り組んだ4日間でした。

1日目は学級別活動を行いました。学級ごとに浅草寺などの古くから受け継がれてきた文化的な建物や、最先端の技術を結集してつくられたスカイツリーなどを見学しました。伝統文化を受け継ぐとともに、技術の進歩を遂げている首都の様子を味わうことができました。

2日目と3日目は、班別発信活動に取り組みました。追究を深める中で得た思いや考えを、専門家に向けて発信し、語り合うことができました。直接お会いして、話をさせていただくことで、自分の考えを更新するとともに様々な人の生き方にふれるよい機会となりました。

2日目には、吉田山田さんをお迎えし、さきがけの会を行いました。夢をかなえ、活躍する吉田山田さんから直接お話を聞くことができ、困難をのり越えたり、夢の実現に向けて励んだりすることの大切さを学びました。その後のライブは大いに盛り上がり、とても充実した会となりました。

4日目も、学級別活動を行いました。横浜の中華街や湯島天神を訪れ、食や文化にふれることができました。 修学旅行で学んだことを今後の生活つなげ、よりよい集団を目ざして取り組んでいきます。

オリエンテーション合宿

期日:平成30年4月23日(火)~4月24日(水)

場所:愛知県青年の家(岡崎市美合町)

 

オリエンテーション合宿では、学年集会で話し合って決めたスローガン「団結~つなげよう144人の和~」をもとに、さまざまな活動に積極的に取り組みました。

 

1日目は牛乳パックを使って、級訓をデザインしたモザイクアート作りを行いました。モザイクアート作りでは、完成図をイメージしながら3cm×3cmに切った牛乳パックピースを貼り合わせました。作業をする中で、仲間と相談したり励まし合ったりして協力することができました。ピースが足りなくなると、実行委員を中心に色を塗って足りないものを補うことがありました。級訓をデザインしたアートが完成すると、学年のモザイクアート作成を行いました。募集したデザイン案をもとに、約6メートルもの幅になる作品を学年全員で協力して作りあげました。制作をとおして、団結することの大切さを感じ取ることができました。

学年デザインを完成させる過程では、学級の枠を超えて、学年全員で各ピースがどのようにつながるのか話し合いながら取り組む姿が見られました。モザイクアート披露では、学年デザインと級訓デザインが一つにつながり、巨大なアートが完成して、体育館に歓声が広がりました。

2日目の学年で語る会では、これまでの活動をふり返り、オリエンテーション合宿の成果や、自分たちがこれから目ざすべき附中生としての姿を確かめ合い、これからの自分たちの生活について目標を定めることができました。144人で団結することにより、絆が深まることを実感することができました。

期 日  : 平成30年4月20日(金)

 

生徒会主催による新入生歓迎会を行いました。3年生を中心に附中の学習を知る「追究紹介」や、縦割りグループで1年生にエールを送るための「応援披露」などを行いました。1年生は、先輩の姿から、これから始まる附中生活に向けて、期待に胸をふくらませていました。

期 日  : 平成30年4月9日(月)

  平成30年度入学式を行いました。144名の新入生は、担任の呼名に元気よく返事をし、附中での生活の第一歩を踏み出しました。新入生だけでなく、最高学年となった3年生、初めて先輩になった2年生、どの学年もすばらしい姿を見せてくれました。今年も附中生の活躍が楽しみです。